オールオン4 All-on-4

All-on-4とは

インプラント4本最新のインプラント治療として注目されているAll-on-4
手術の回数や患者にかかる負担、さらには治療の費用も
軽減できることで大きな注目を集めている治療方法です。

歯が1本も残っていない場合、従来では総入れ歯か
歯の本数分のインプラントを埋め入れるという治療法
が一般的でした。しかしそれでは経済的負担・心体的な負担が
大きく、手術回数を含む治療期間も大変長いものに
なってしまいます。

さらに総入れ歯の患者からは、「よく噛めない」・
うまくしゃべれない」などといったさまざまなご不満をよく
お聞きします。
総入れ歯(無歯顎)の患者様にとって、インプラント治療を
することは大きなメリットもたらしますが、従来の方法では多くの
インプラント体の埋入が必要となり、手術回数が多く、長期にわたる
治療期間が必要となります。

All-on-4と従来の治療方法の違い

  • 歯を失った数だけインプラント体を埋め込む必要がなく、最少だと4本の埋入で治療できる場合もございます。
  • 従来は、インプラントを入れたあとすぐに仮歯を装着できませんが、All-on-4であれば、入れたその日に仮歯を装着できます。
  • 顎の骨の厚みが薄いと、骨を増やす治療が必要となりますが、All-on-4であれば骨が薄い部分を避けてインプラントを埋め込むことが可能です。

All-on-4のメリット

  • 埋め込むインプラントの数が少なくすむので、治療費用全体を抑えられます。
  • 埋め込むインプラントの数が少ないため、手術による身体への負担が少なくてすみます。
  • すぐに仮歯を装着できるので、軽い食事や会話に困りません。
  • すぐに仮歯を装着できるため、忙しい方でも少ない来院回数で治療できます。

All-on-6にも対応できます。

日本人は欧米人と異なり、主食が穀物ですので奥歯のすりつぶし運動がひんぱんに行なわれます。
All-on-4は欧米人を基準とした治療法ですので、顎の状態やかみ合わせの状況から奥歯を延長したほうがよく噛める場合があります。
All-on-4のさらに後方に、2本のインプラントを追加して6本のインプラントで治療する方法を、
All-on-6(オールオンシックス)といいます。

All-on-4のおもなリスク・副作用について

  • 機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
  • インプラントの埋入にともない、外科手術が必要となります。
  • 歯周病、心疾患、骨粗鬆症など内科的な疾患をおもちの方には、治療をご提供できないことがあります。
  • 残存歯のある方は、症状により抜歯や歯槽骨の切削など外科手術が必要となることがあります。
  • 治療当日に仮歯を装着できますが、最終的な人工歯を装着できるのは、インプラントと骨とがしっかり結合してからであり、それまで数ヵ月の期間を要します。
  • 手術後に腫れや痛みをともなうことがありますが、一時的なものなので、多くの場合2~3日で治まります。
  • 毎日のケアが不充分であった場合、インプラント周囲炎(歯肉の腫れや骨吸収など)を引き起こすことがあります。
  • インプラントの耐用年数は、骨量、歯肉の状態、噛み合わせ、歯の磨き方などにより異なります。

ページトップへ

Copyright (C) ENDO IMPLANT GIFU. All Rights Reserved.